ここまで進んでいるカジノ法案2020年

ラスベガス

 

カジノ建設法案がどんどん進んでいっていた2019年。そしてそれがまとまりかけていた2020年前半。コロナ事情で足踏みとなっていたカジノ法案は一体どこまで進んでいるのでしょうか? 外出自粛などもあり、進みかけていた法案がいったんは立ち止まってしまっていたものの、各スポーツ界の再活動と同時に、法案の方も再活動されてきているようです。面白いことに、建国時には日本とスイスの両国の美点を取り入れたシンガポールをお手本とし、カジノ建設案は進められているようです。シンガポールには観光客の満足度が非常に高い統合型リゾート(IR)である、マリーナ・ベイ・サンズが設立されています。これによりシンガポールの観光収入が大幅に飛躍し、ランドベースカジノ業界においても、一目置かれている存在となっているのです。
また、この地からゲームプロバイダー創立するなど、経済の国シンガポールのもう一つの顔は、カジノのシンガポールともいえるのではないでしょうか?

 

日本のIR法案、どこまで進んでいるのか?

国会

今現在、建設地の絞り込みに拍車がかかってきているともいえます。候補地は東京、神奈川、愛知、大阪、和歌山、長崎へ絞り込まれています。この中から2021年〜2022年頃とされており、カジノオープンは2024年〜2025年と予測されています。候補地が決定したのちに、カジノ建設が本格的に始まるといえばこの予測期間は最短ともいえます。IRはカジノのみでなく、他にもショッピングモール、ホテル、レストラン、温泉などが同時に建設されていく予定ですので、かなり短い期間でのマネジメントとなるはずです。ショッピングモールにおいては、どのような店舗が入るのかを検討、決定、納品作業までもありますので、たくさんの人が動くことになります。その中でもオンラインカジノファンが気になるところは、「法案」についてではないでしょうか?

 

現在の政策

今現在、決定されている項目は下記のようになります。
入場料
一人6000円。外国人観光客は無料。
1週間の入場制限
1週間に3回まで。この場合も外国人観光客においては無制限。
月の入場回数
月に10回まで。これも上記同様観光客においては無制限とされています。
提示
マイナンバーの提示。外国人観光客の場合は、パスポートの提示が必須とされます。

 

どうなる?オンラインカジノ

カジノ法案はあくまでIRni基づくランドベースカジノ における法案ですので、オンラインカジノにおいては今と変わりなくプレイすることが可能です。日本におけるpオンラインカジノは、合法でも違法でもなく外国を拠点とするカジノサイトであれば、違法でもなく配当金も問題なく手元に残すことが可能です。オンラインカジノの便利なところはIR建設が終わってしまう前に、テーブルゲームなどの攻略法が練習できるといったところと、カジ旅 出金などで利用できる、エコペイズ 出金で簡単に配当金が手にはいるところではないでしょうか?